すべての戸籍謄本をそろえることが出来ない場合


  私が実務をしていてよく思うことは「日本の戸籍制度はすごいなあ」です。
  古くは明治の頃から(その時の戸籍吏は達筆な方が多く読めないことも多々あります(汗))
今までの戸籍謄本が、いまだに保管されているからです。

 相続の手続きをするには、相続人の全員を確定させるために「被相続人の生まれてから亡くなるまでの
全ての戸籍謄本」が必要
です。しかしながら、戦災で焼失、災害で滅失、保管期限が過ぎたなどの理由
で戸籍謄本が揃わない
場合があります。その抜けている期間に子供が生まれているかもしれませんし、
これでは相続人の確定が出来なくなってしまいます。

 その場合、そろえた戸籍謄本を持って法務局にいくら「これで登記をして欲しい」とお願いしても登記をして
くれません。相続人が後々出てきた場合、法務局は責任を取ることはできないので、何の担保もない相続
登記を法務局はしてくれません。

 この場合、どうすればよいのでしょうか。

 ①役所で発行する「戸籍謄本が発行できない旨の証明書」
 ②他に相続人がないことの証明書(相続人全員の実印、印鑑証明書付)

 を追加で提出することによって、登記手続きを進めてくれます。(事前に法務局に確認をとりましょう)

 この方法による相続登記は、私達司法書士には決して珍しいものではありませんが、司法書士でない
方がこの手続きをしようとするとなかなか難しいかもしれません。

 相続の専門家である司法書士にご相談頂ければと思います。


 


関連ページ

 

事務所紹介

相続無料相談

料金表

ご相談から解決まで

相続相談事例   

代表挨拶   

アクセスマップ