相続は誰に相談すればよいでしょうか?



大事な人が亡くなってしまい、葬儀、四十九日、納骨といろいろな手続きが終了して一息ついた時に、
「さて、そろそろ遺してくれた不動産や預貯金の手続きをしないと・・・。でもいったい誰に相談すれば
いいの?」と考えると思います。

その時には迷わず司法書士にご相談下さい。

司法書士は不動産登記の専門家である国家資格者です。
遺産に不動産がある場合、そこに関わるのが司法書士です。
遺産に不動産がない場合でも、預貯金など相続手続き全般に関わることが出来、またその知識が
豊富な専門家は司法書士です。

出来ることなら相続について、相続人間で争うことは避けたいと思います。
司法書士はもともと「争いを避けるための予防」を主な職務としているため、もっとも相続手続きに
適した専門家です。

相続の手続きは、登記他だけではなく、例えば税金の申告や残念ながら相続人間の争いに発展してしまう
場合もあります。その場合にもその分野の専門家(税理士や弁護士など)を紹介することが可能です。

相続の手続きはまず司法書士にご相談下さい。

 


関連ページ

 

事務所紹介

相続無料相談

料金表

ご相談から解決まで

相続相談事例   

代表挨拶   

アクセスマップ