相続登記はしなければならないのでしょうか?(その2)


相続登記はしなければならないのでしょうか?
答えは、「しなければならないというものではありません」

しかし、是非した方がいいでしょう。


理由①:相続登記をしないうちにどんどん相続人が増えてしまう。


相続登記をしないままにしておくと、その後数十年たてばその相続人(子)は亡くなります。またしばらくすると次の相続人(孫)も亡くなります。

そうして時がたつと、最初は2~3人程で容易に話し合い(遺産分割協議)が出来たはずの相続が、数十人の相続人、しかも、会ったこともない縁遠い相続人ばかりで相続の内容も遺産の持ち主の被相続人(先祖)のことも良くわからない。話し合いにもならず、結局遺産の不動産はそのまま塩漬け状態に。。。現実にある話しです。


理由②:相続登記をしないと手続きが煩雑になることがある。


相続登記をしないままにしておくと、数年たって相続登記をしようとしたときに必要な書類が集められないことがあります。住民票除票、戸籍の附票などは役所での保存期間が決まっています。(住民票は住所を異動してから5年、戸籍の附票は​戸籍を異動してから5年(どちらも市区町村によります))保存期間が過ぎると廃棄されてしまい取ることが出来ません。

その際には、別の書類を添付したり別の書類を作成したりすることで登記の申請を行うことは出来るのですが、煩雑であったり別途費用が掛かったりします。


相続登記は司法書士に依頼しましょう!


相続登記は、その時にやってしまった方がいいのです。面倒くさいから手を付けないのではなく、その為に専門家である司法書士がいるのですから、司法書士にご相談下さい。

司法書士に依頼して登記が完了すると、専門家に頼んでよかったと思って頂けるはずです。



関連ページ

 

事務所紹介

相続無料相談

料金表

ご相談から解決まで

相続相談事例   

代表挨拶   

アクセスマップ